ランディングページ とは

ランディングページ(LP)について説明します。

ビジネスをしている起業家や複業家にとってはWebマーケティングをするためには必須のページです。

 

 

ランディングページとは

ランディングページとは、Google検索やヤフー検索、広告からユーザーが最初に到着するページのことです。

したがって、Web上に公開されているページは全てランディングページとなり得るわけです。

 

一般的なランディングページの意味としては、ユーザーが最初に訪問したページのことを言います。

検索結果のテキストリンク、メールで送られてきたURLからのリンク、広告のバナーのリンクから

誘導された1枚モノのページのことです。

 

 

ランディングページが必要な理由

ランディングページは、Webマーケティング、Web集客、Webを使ってビジネスをする起業家や複業家には必須です。

 

なぜなら、

Googleなどの検索エンジンのテキストリンク、

ヤフーなどのポータルサイトのバナー広告、

メルマガの記載されたダイレクトリンクから

ユーザーを誘導するためのページであり、ユーザーにアクションを起こさせるページだからです。

 

 

ランディングページの作り方

ランディングページを作る時に、多くの人が課題として持っているのは、

【 何を項目として入れればいいのか? 】

【 どんな順番で項目を配置すればいいのか? 】

の2点です。

その両方を解決してくれる法則があります。

 

それは、新PASONAの法則です。

 

 

新PASONAの法則とは

新PASONAの法則とは、神田昌典さんが提唱しているコピーライティングの型です

Problem : 問題を明確化し、

Affinity : 見込客に親近感を持ってもらい、

Solution : 見込客が抱える悩みの解決策を提示し、

Offer : 解決策としてあなたの商品サービスを提案し、

Narrowing down : 条件や特典を提示して絞り込み、

Action : 見込客に行動を促す。

 

各項目に合う内容をLPに入れます。

テキストと画像・動画を組み合わせて、それぞれの目的を果たす内容にします。

 

 

ランディングページの活かし方

ランディングページは、先に伝えたような役割があります。

その役割もWebマーケティングのゴールからの逆算で考える

LPの活かし方もわかってきます。

 

例えば、Webマーケティングのゴールが、

セミナーや勉強会などの申込みを獲得することだった場合。

 

LPの役割は、申込みをしてもらえるページとなります。

 

申込みをしてもらうためにはどんなページが良いのか?

もしくは申込みしたくなるページはどんなページか?

で考え、新PASONAの法則に沿ってランディングページを作ってみたください!!!

 

 

文責:岸本雄平