ザイアンスの法則 とは

ザイアンスの法則とは、集まる仕組みを創る時にとても重要な考え方です。

行動心理学で提唱されている一つですが、人と仲良くなるために必要なモノです。

 

クラウドエデュケーションを実践していくためには必要な考え方で、

あなたが講座を開催し続けるためにも覚えておいてください。

 

ザイアンスの法則とは、

行動心理学の一つです。

人は、五感に特定の刺激を受け続け、接触されることで

それらの刺激自体、刺激を与える人やサービスなどに対して、

好意を持つ効果のことです。

 

別の名称だと、「単純接触効果」とも言われます。

 

安定志向の人や知らないこと・わからないことに不安を感じる人にとって、

新しい刺激は不快に感じるものなんですよね!

 

最初は新しくても、繰り返し繰り返し同じ刺激で接触を重ねていくと

慣れてきて、やがて” 好き ”という感情が出てくるんです。

 

例えば、

毎日のようにメールのやり取りをし続けていたり、

毎日のように直接会って話をしていたりすることで、

メールが来ることや直接会うことに期待をし好意的になってきます。

 

それが突然、なくなると「どうしたんだろう?」と

気になり始め、来ないことに不安を覚えたことありませんか?

 

好きでもない人とは何度もメールのやり取りもしたくないし、

会いたくもないですよね。

 

何度もやり取りするってことはお互いを知ることになり、

相手のことを好きになっちゃうものなんです!!

 

ザイアンスの法則を自分ビジネスで活かす方法

ザイアンスの法則をビジネスで活かすならば、

見込み客と接触するポイント。主にメディアになると思いますが、

メディアでの情報発信を継続的に行うことになります。

 

例えばメルマガなどで、継続的にコミュニケーションを取ることで、

あなたへの好感度を高め、信頼を得ることができるのです!!!!

 

文責:岸本雄平