Zoom とは

Zoomとは、今話題のオンライン講座もできるインターネット経由で電話会議もできるツールです。

 

Zoomを使ったオンラインセミナーは、現在リアルなセミナーを開催している方には

今すぐにでも開催できるモノです。

 

すぐにオンラインセミナーをしてみたい方は、

Zoomの特徴メリットをまとめたので参考にしてくださいね!!

 

Zoomとは

Zoomは現在アメリカで最も使われているインターネットで会議やセッションができるツールです。

遠方の相手と顔を合わせながら話ができる点では、テレビ会議の一つと言えます。

テレビ会議といっても用途は様々あります。

ミーティングだけではなく、オンラインセミナーや勉強会、個人コンサルティング・コーチングの実施など用途は幅広いです。

 

大規模なセミナーや勉強会を開催しようとすると、

会場の確保、日程の調整、移動など、参加者が不参加になってしまう要因がたくさんあります。

また、主催者だけではなく、参加者にも移動時間や交通費などが発生します。

これらは結構な労力がかかってしまいます。

 

時間に間に合うように他の用事を早めに終わらせないといけない!

移動時間があるから早めに家を出ないといけない!

電車が遅れてしまったらどうしよう!!

天候が悪くて参加者がキャンセルになったらどうしよう!!

 

こんな心配事もZoomを使えば無くなります。

 

Zoomはパソコンと付属機器、ネットが繋がる環境があればどこでも利用可能です!

スマホやタブレットでも利用できます!!

最近のノートパソコンからカメラも付いているし何も準備するものがないんです。

 

つまり、

場所の確保と移動という労力が解消されて、

好きな場所が会議室にもセミナー会場

にもなるんです!!

 

また、移動にかかる費用はもちろんのこと、セミナー会場費もかからないから

費用も大幅削減

できるんです!!

 

セミナーや勉強会をしている人にとっては、とってもメリットがあるんです。

 

さらには、

集客や動画撮影

にも使えるんです。

 

自分ビジネスで活用できる機能がたくさんあるZoomを活かさない手はないですよね!

今までのオンライン会議やオンラインセミナー・ミーティングで使われていたのはSkypeです。

そのSkypeとの違いとZoomのメリットを次から紹介します!

 

ZoomとSkypeの違いとZoomのメリット

インターネットを使って通話するのなら、Skypeでも同じようなことができるでしょ!?と

こんな疑問が出てくると思います。

実際のところ、両方のツールには共通する機能があります。

 

例えば、

ウェブカメラを使ったテレビ電話機能や資料の共有、チャット機能などです。

 

では、なぜZoomの方がオンラインセミナーに向いているのでしょうか?

それは、Skypeの場合はセミナー主催者とセミナー参加者の両方がアカウントを開設する必要があって、

そのためSkypeを使ってセミナーを開催する場合には、事前に参加者にSkypeのアカウント作成と共に連絡先を主催者と共有しなければならないのです。

 

これは一例ですが、次からZoomのメリットをSkypeと比較して紹介します。

 

1、アカウントの作成が不要

セミナー主催者として、参加のハードルが低いのがZoomの大きなポイントです。

Skypeはアカウント作成と連絡先の交換等、準備してもらう項目が多いのに対して、ZoomはURLを送付するだけです。

参加者に面倒を感じさせてしまうと集客の減少に繋がってしまいます。

参加者の負担が少ないという点で、Zoomのメリットです。

 

2、事前準備が簡単です

ZoomもSkypeも、利用するにはソフト・アプリをインストールが必要です。

Skypeの場合、参加者は自分でインストールしてからアカウント作成もする必要があります。

一方、Zoomは主催者からのURLにアクセスするだけでインストールができ、アカウント作成の必要がありません。

これも参加者側の負担が少なくメリットになりますよね!

 

3、通話もすぐにできる

Skypeの場合、相手の連絡先(SkypeID)を知る必要があるので、事前のやり取りが必要になります。

しかも、検索しても相手のアカウントが出てこなかったり、逆に相手が自分のアカウントを見つけられなかったり、、、。

 

ここは、Skypeを使っている中でもっとも苦労する点です。

一方、Zoomは主催者である自分のアカウントさえあれば通話ができます。

通話したい相手に自分のミーティングIDが入ったURLを送れば、

あとは相手がアクセスしてくれるのを待つだけです!

 

4、データ容量が軽い

セミナーやコンサルティングでは、安定した接続や画面の共有が重要になります。

Zoomでの通話にかかるデータ量は、Skypeひ比較して最大10分の1程度と、

ネット回線への負担が圧倒的に少なくなっています。

 

一度に使えるデータ量のことを考えると、

スマホやタブレットなどの回線であってもZoomが安定するのは納得です。

 

5、大規模な人数と同時通話ができる

Skypeの場合、一度に通話できる人数は25人なのに対して、

Zoomは無料アカウントでも最大100人まで同時通話ができます。

大人数での同時通話に対応しているのは嬉しいですよね!!

 

一度にたくさんの人とネット上で通話する場合、

Zoomは対応できる人数が多く、また大人数向けの専用機能も充実しているので、

より大人数の通話向けと言えそうです

 

6、画面共有がどのデバイスでもできます

SkypeもZoomも、画面を共有する機能があります。

使用者全員がパソコンでの参加であれば問題はないのですが、

スマホやタブレットを使用する人が含まれると話は別です。

 

Skypeでは画面の共有はパソコン使用者のみが有効になっており、

スマホやタブレットまでは画面の共有ができません。

 

しかし、Zoomはどのデバイスを使用しても画面の共有に対応しています。

若い世代はパソコンを持っていない場合も多く、スマホやタブレットだけでネットを利用している人もいる中、

この昨日はZoomの強みと言えます。

 

7、レコーディング

Skypeの場合、通話を録音するには他の録音ソフトを用意する必要があります。

Skype自体には録音機能が付いていないんです。

 

一方、Zoomには録音・録画機能が付いており、ボタン一つで通話の録音も録画もできます。

会議やセミナーは録音したい方もいらっしゃるので、そういった方々にはありがたい機能ですよね。

 

 

まとめ

今まで使っていたSkypeと比較するとわかりやすいですよね。

Zoomは機能的にも使い勝手でも非常に有効なツールです。

 

セミナー主催者の使い勝手もそうですが、

何よりも参加者側の負担が減るのはセミナー集客に悩んでいる方からすると

セミナー参加のハードルが下がるので利用をオススメできます。

 

クラウドエデュケーションでは、Zoomの他にもクラウドサービスを使った

オンラインセミナーの創り方の講座も開催しているので、ぜひ一度参加してみてくださいね!

 

文責:岸本雄平