4C とは消費者視点のマーケティング理論

4Cとは、消費者視点を取り入れたマーケティング理論で、

より消費者が購買しやすいように「どうすれば?」いいのかを考えた戦略を立てる時に役立ちます。

 

4Cは、

Customer Value(顧客価値)

Cost to the Customer(顧客コスト)

Convenience(利便性)

Communication(コミュニケーション)

の4つからなっています。

 

 4C とは

マッカーシーの提唱した4P(販売者視点)を、消費者の視点に考えた

ロバート・ラウターボーンが提唱したマーケティング理論のことです。

4Pについてはこちらから→ 4Pとは

 

Customer Value:顧客価値

その商品サービスが顧客にとっての価値は何か?を考えることです。

顧客が何に価値を感じるのかはとても重要です。

 

価値としては、問題を解決してくれる、楽しくしてくれる、効率的にしてくれる、

時間を短くしてくれる、ステータスになるなど、です。

 

Customer Cost:顧客コスト

その商品サービスを手に入れるためにかかる全てのコストです。

コストとは、お金だけではありません。手間や時間もコストになります。

顧客は製品の全てのコストに関心があります。

 

Convenience:利便性

その商品サービスを入手する方法であり、どれだけ手軽に、簡単に入手できるのか。

24時間購入できるのか。インターネットで購入できるのか。店舗だけなのか。など。

顧客は製品やサービスを可能な限り簡単に・便利に活用できることを望んでいます。

 

Communication:コミュニケーション

売る側のメッセージが顧客に届いているのか。

また、顧客からの声が売る側に届いているのか。です。

 

顧客は売る側との双方向のコミュニケーションを望んでいます。

 

 

マーケティング戦略の設計の際に、4Pだけではなく、4Cを踏まえた設計が必要です。