AIDMA とは

AIDMA(アイドマ)とは、消費者行動プロセスの一つで、

1920年代にアメリカの著作者、サミュエル・ローランド・ホール氏が提唱したモノです。

 

消費者のモチベーションがどの段階にあるのかを表現しています。

 

AIDMA とは

Attention:認知し、

Interest:興味をもち、

Desire:欲しいと思うようになり、

Memory:記憶して、

Action:購買行動に至る

 

認知をしてもらうために、テレビ広告や新聞広告と行った広告宣伝を行い、

そこで、商品サービスや企業に興味関心を持つか判断し、それを欲しいという欲求をもち、

記憶し検討します。

そして最後に理性的にも感情的にも購買行動を起こします。

 

集客戦略においてのAIDMA

情報発信するだけではなく、ユーザーに知ってもらい、購買行動に到るまでを

しっかり準備しておくことが集客においては必要なことです。

 

ただ知ってもらうだけでは、次のプロセスには消費者は移行しないので、

情報発信のボリュームだけではなく、クオリティも必要になってきます。

 

どこで情報を発信し、魅力をどう表現し、行動を促すかがポイントです。

 

 

文責:岸本雄平