セミナー講師 で 集客が苦手でも セミナー に人を集める オススメ の 方法

2019年6月2日

個人起業家同志の強みを組合せて、日本初のコンテンツを生み出すJVの専門家、岸本雄平です。

学びのポータルサイト、ストアカの講師バッジもゴールドになりました。今さらだけど、ゴールド目指すなら今まで開催してきたセミナーや講座もストアカでやれば良かったと、ちょっとだけ後悔してます^^;

今回は、ストアカに限らず、セミナー講師をされている人が苦労されている「集客」のオススメの方法をご紹介していこうと思っています。

岸本も、あの手この手と様々な方法を取り組んできました。その成果として、半年間、毎月100名ほどの見込み客を集めることができました。これは特別なスキルや才能、人脈があったからできたわけではなく、方法がわかれば誰でもできる方法になってます。

セミナー講師として、ビジネスを展開していくことに役立つので、ぜひ参考にしてみてくださいね(^_-)

セミナー講師に必要な力

セミナー講師に必要な力

まずは、セミナー講師として起業してビジネスを進めていくために必要なことな何だろうかと、自分自身と他のセミナー講師をされている方を分析した結果、次の2つの力が、セミナー講師には必要不可欠だとわかりました!!!

集客力

集客力は必要ですよね。セミナーや講座を開催した時に、生徒や受講生が集まらなくては、セミナーや講座自体に成り立ちません。

では、集客力とは何でしょうか?

人を集める力?

コミュニケーション力?

情報発信力?

岸本が考える集客力とは

信頼を得る力あるいは、信頼関係を構築する力だと考えています。

どういうことかというと、見込み客となり得る人が集まってくるのは、あなたが信頼できる人だからです。信頼できない人のセミナーや講座には行かないですよね。

どんなにすごい肩書きや経歴、実績を持っていたとしても、それが信頼できるかどうか、信頼なくして人は集まらないんです!!!!

コンテンツ開発力(商品力)

コンテンツ開発力とは、商品力とも言えます。さらに言い換えれば、情報デザイン力とも言えるものです。

セミナー講師は、1つのセミナーや講座のコンテンツを創ることもそうですか、そのコンテンツを尖らせる必要もあります。他のセミナーとの違いがわかり、かつ見込み客が興味を持つコンテンツにしなくてはいけませんよね!!!

「他でもやっている」ってなってしまっては、人も集まらないし、受講者の満足度も上がりません。

これからセミナー講師として活躍したい人も、すでにセミナー講師として活躍されている人でもすぐに役立てるモノとして、この記事では、集客力にフォーカスしてお話をしていきますね。

集客が苦手なセミナー講師の共通点

集客が苦手な人の共通点

集客に苦手意識を持っている人はけっこう多いんですよね。それはセミナー講師だけじゃなく、個人起業家としてビジネスをやっているサロンオーナーやコーチなども同様なんです。

そんな集客が苦手な人に共通している点があります。

コンテンツに自信がない

自分が創ったコンテンツ・講座に自信がないから、人を集められない人がいます。

もし、集客ができていない、集客がうまくいっていないなら、まず見直すべきなのは、「コンテンツ・講座」です。

コンテンツに自信がないなら、それは人を集められません。セミナーに参加してもらうことに迷いがあるからです。「参加してほしいけど、参加して欲しくない」という矛盾を自分の中に抱えているんですよね。

だからこそ、自分自身が受けたい!と思えるようなコンテンツを創ることが必要なんですよね。

情報発信に躊躇がある

FacebookなどのSNSで、情報発信することに躊躇がある人も、集客に苦手意識があります。

あなたは「何者で何屋なのか?」がわかるような情報発信をしなくては、あなたがどんな人なのか?どんなことを教えてくれる人なのか?どんな実績がある人なのか?

そして、

信頼できる人なのか?

の判断が、見込み客となり得る人ができません。

情報発信に躊躇がある人のほとんどは、自分ベクトルになっています。この考えや想いをSNSで発信したら、見た人からはどう思われるのか?を気にしてるんです。自意識過剰とも言えるかもしれません。

相手にどう思われるのかも、確かに重要なことではありますが、

まず、考えるべきは相手にとって必要な情報を発信しているという心構えです!

人に頼ることを遠慮する

集客が苦手は人は、人にお願いすることに遠慮があります。セミナーの規模にもよりますが、人の助けがあって人が集まることもあります。

セミナーの内容に興味がありそうな人を紹介してもらうのもそうですし、セミナー自体の手伝いをしてもらうこともしていいんです。

特に、「人脈がない」と思っている人ほど、人に頼れないです。むしろ人に頼らないと人が集まらない条件を持っているのにも関わらずです。

自分ベクトルで自分がどう思われるかから、相手ベクトルになって、相手にとってメリットがあることを伝え、人に頼りましょう。(依存してしまうのはダメですよ)

失敗が怖い

初めてセミナーや講座を開催する人によくあるのが、「失敗が怖い」。つまり人が集まらなかったらどうしよう、かっこ悪いなどど考えてしまうことです。

このように考えていると、いつまでたってもセミナーや講座を開催せずに時間だけが過ぎてしまいます。厳しい言い方をすれば、「セミナーを開催していないセミナー講師」になってしまうんです。

恐れることは、

「失敗ではなく、何もやらないこと」

です。

最初は、理想通りに人が集まらないかもしれません。ただ、今は多くの人を集めている人たちも、最初の駆け出しの頃は、1人や2人、もしくは集まらなかったという経験はしています。

岸本も人生で初めて開催したイベント交流会は、2人でしたし、セミナーも1人でした。最初から大成功している人なんていないんですから、気張らずにまずは開催してみるというくらいの気持ちでいてくださいね!!!

コツコツ持続できない

集客できる人は、実はウルトラCの特別なことをやっているなんて思っている人もいるようですが、それは勘違いです。セミナーや講座、イベントに人を集められる人は、実はとっても地味なことしかやっていません。

その地味なことを継続的にコツコツとやるから、人が集められる集客ができる人なんです。

たいていのコツコツ持続が苦手な人は、集客も苦手だと思っている人で、場当たり的な、思いつきで集客の作業をしている人です。その場で思いついたことだから、継続性がないんですよね。それに地味な作業なので、面白みを見つけるのが大変かもしれないですね^^;

コツコツ持続するためのポイントは、

やるべきことをチェックリスト化しておくこと

です。

やるべきことが明確で具体的だから、難しく考えずに、チェックリストに載っている作業をこなすことです。

以上が、集客が苦手な人の共通点です。次からは具体的な集客方法についてお話ししていきますね。

集客の4つの方法

集客の4つの方法

セミナー集客をする方法は、無数にありますが、大きく4つに分類することができます。それに、4つに分類することで、あなたが取るべき方法も明確にできるから便利です。

その4つの分類とは、

集客方法マトリックス

  1. 有料でリアルの方法
  2. 無料でリアルの方法
  3. 有料でウェブの方法
  4. 無料でウェブの方法

この4つの方法です。お金軸とメディア軸で分けられます。では、それぞれの方法について具体的な方法をご紹介していきますね。

有料か無料かは、お金を使うかどうか、主に広告かどうかになりますが、リアルとウェブについては、オフラインかオンラインか。

オフラインは主に対面だったり、「物」を介在させて見込み客に情報を届ける方法で人を集めます。オンラインは、「物」は介在させずにインターネット上で見込み客に情報を届ける方法で人を集めます。

有料でリアルの方法

お金をかけたリアルの方法としては、どんな方法があると思いますか?

  • 店舗を持つ
  • 展示会に出展する
  • イベント会社に依頼
  • チラシをポスティングを依頼する
  • ハガキDMを送る

などでしょうか。

基本的には、誰かに依頼するものになりますね。

セミナーや講座に集客する方法としては、

無料でリアルの方法

お金をかけずに行うリアルな方法は、例えば、

  • ワークショップを主催する
  • セミナー・講座を主催する
  • ランチ会・飲み会を主催する
  • 口コミ
  • 各種メッセージを送る

などがあります。

ワークショップやセミナーを開催するのに経費がかかることはかかりますが、それも参加費から捻出すればいいので、実質無料で開催することができます。

そこで、名刺交換やチラシを直接配布することもできます。名刺やチラシ制作もプロにお願いせずに最初は自分で作れば無料です。(紙代とかインク代とかがかかるとか言い出すなら、セミナー講師自体を辞めた方が良いかもしれないですよ^^;)

有料でウェブの方法

  • アフィリエイト広告(成果単位))
  • 月極広告(期間単位)
  • リスティング広告(クリック単位)※PPC広告
  • Facebook広告

などです。

無料でウェブで使っている方法から、広告を出す物が多いですね。

無料でウェブの方法

  • 映像系(Youtube、Ustream、ニコニコ動画など)
  • 音声系(ポッドキャスト)
  • 文章、画像系(電子書籍、ブログ、メルマガ、ツイッター、Facebook、Mixi、フリッカーなど)

などです。SNSも種類によって強みが違います。あなたが扱う商品サービスにとってどのメディアが一番魅力を伝えられるのかを検討して、使うメディアを選択しましょう。

流行っているから使うのはナンセンスです。

あなたのセミナー、商品サービスの魅力が一番伝えやすく、ターゲットの人が見ているSNSを使いましょう。

4つの方法はいかがでしたでしょうか。わかりやすいのは、有料は他人・他社のメディアを使うことになり、無料は自分・自社のメディアを使うことになります。

第5の方法では、これらを同時に使うことができる方法なんです!!!!!

ジョイントベンチャーは第5の集客方法

オススメする第5の集客方法とは

4つの集客方法についてお話をしてきました。ここからはそれらを網羅できる第5の集客方法についてご紹介していきますね。こちら、動画でも話をしているので、よろしかったらご覧ください。

第5の方法とは、ジョイントベンチャーです。特にジョイントベンチャーの場合は、リアルとウェブの有料・無料の方法を同時に使うことができます。まずは、ジョイントベンチャーについて説明していきますね。

ジョイントベンチャーとは

ここでのジョイントベンチャーという方法は、主に個人起業家同志がお互いの強みを組合せ、レバレッジを効かせてお互いに売上を上げる方法です。

こちらの記事も参考にしてください。「ジョイントベンチャーとは?

ジョイントベンチャーを集客に役立てるには、2つの考え方が有ります。

1つ目は、「お互いに集客をし、集客にレバレッジをかける」というモノです。

これは、一人ではなく複数人で集客をすることでより広い範囲のターゲットにアプローチをかけることができます。

例えば、一人がアプローチがかけられる人が1000人いたとして、ジョイントベンチャーを組む人数によってアプローチかけられる人数は何倍にもなるんです。

2つ目は、「集客が得意な人にお願いをする」というモノです。

セミナー講師としてコンテンツ創りに専念することができ、ターゲットとなる見込み客には、見込み客にアプローチすることに強みを持っている人に集客をお願いしてしまいます。

例えば、見込み客のLINE@やメルマガリストを500人持っている人にお願いをすることで、集客を任せてしまいます。ただ、注意して欲しいのは、あなたが全く集客しないというわけでは有りません。あくまでも、あなたん集客力に他の集客が得意な人の集客力を借りるのです。

まとめ

4つの集客方法と第5の集客方法はいかがでしたか?

無料でリアルとウェブの集客方法を使うか、有料でリアルとウェブの集客方法を使うか。もちろん両方同時でも可能です。

集客が成功するとは、目標人数がセミナーに参加してもらうことです。そのためには4つの方法と、さらに第5の方法であるジョイントベンチャーを組み合わせても良いわけです。

集客方法は無限にある

セミナーを満員御礼にするために、あなたが取れる集客方法は無限に有ります。要は組合せ次第でいく通りにも方法は増やせるんです。

さらに、ジョイントベンチャーを組み合わせれば、自分の枠を超えて集客することができるようになります。

セミナー集客を成功させるためにジョイントベンチャーを検討してみてはいかがでしょうか。