クラウドサービス でできること

クラウドコンピューティングで提供されるサービスは増えています。

パソコンがなくても使えて、どこにいてもいつでも使えるクラウドサービスの種類をご紹介します。

 

Webメールサービス

代表的なサービスとしては、Gmail、Hotmailがあります。

Web上でメールの送受信ができるし、デバイスもパソコンでもスマホでも使うことができます。

 

スケジュール管理サービス

グーグルカレンダーが有名です。自分のスケジュールも複数に分けられたり、

チームメンバーのスケジュールも確認することができます。

特に最近ではプロジェクト管理ツールとして、スケジュールとタスク管理ができるモノが出ています。

 

文書作成サービス

テキスト文章だけではなく、表計算、プレゼンテーションソフトのように

文書を作成することができるサービス。

代表的なモノはGoogleが提供している「ドキュメント」「スプレッドシート」と言ったものです。

 

ノートメモ系サービス

文書作成サービスでも同じようなことができますが、より簡単に使えるものです。

テキストに写真、音声、動画を簡単に記録しておけます。

代表的なサービスとしては、Evernoteです。

 

ストレージサービス

インターネット上にファイルを保管するサービスです。

このツールを有効に使えばパソコンやスマホの保存容量を超えたファイルを使えます。

そして、設定により自動で作業をしたものを同期してくれます。

 

ファイル転送サービス

メール添付だと容量が重くて送れないことがありますが、

このファイル転送サービスを使えば相手とファイルを共有することができます。

 

タスクリストサービス

やるべきタスク(Todo)を管理するためのサービス。

先ほど出てきたスケジュール管理サービスと一緒にプロジェクト管理することができるクラウドサービスもあります。

 

プリントサービス

プリントやファックスすることができるクラウドサービスです。

家にプリンタがなくても、コンビニにプリンターを使ってプリントすることができます。

 

写真共有サービス

デジタルフォトフレームや、単純に写真データを共有することができます。

Googleフォトが代表的なものであります。

 

まとめ

9種類のクラウドサービスをご紹介しました!!!!

パソコンで行なっている作業に取ってかわるサービスがすでに多く世に出ています。

 

インターネットに繋がる環境さえあれば、どこでも仕事もできますし、

どこでも学ぶことができるんです(^_-)

 

ぜひ、色々なクラウドサービスを試して、使い勝手が良いものは使ってみてください。

 

文責:岸本雄平